スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判「速やかな審理を」=地裁幹部らに最高裁長官(時事通信)

 全国の高裁長官と地裁、家裁の所長が年1回集まって協議する「長官・所長会同」が9日、最高裁で開かれ、竹崎博允長官は施行後1年がたった裁判員制度について、「迅速な裁判を保障するため、速やかな審理の実現が望まれる」と話した。
 竹崎長官は、これまでの裁判員裁判を、候補者の出席率が高く、裁判員経験者の評判も良かったと評価。今後、重大事件や複雑な否認事件で多くの課題に直面するとして、法曹三者の協力の重要性を強調した。 

【関連ニュース】
〔特集〕裁判員制度 スタート1年
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
遺族への賠償命じる=全国初の裁判員事件被告に
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」

米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
小沢氏辞任で「一定のけじめ」=政倫審、他党の意向も考慮―菅首相(時事通信)
私大初年度納付金131万円 過去最高を更新(産経新聞)
「病気で仕事できぬ」生活保護費470万円詐取容疑 元暴力団組長ら逮捕(産経新聞)
スポンサーサイト

「顔」後遺症の補償に男女差は違憲…京都地裁(読売新聞)

 勤務先で顔などに大やけどを負った京都府内の男性(35)が、障害等級の規定で女性が顔付近に同程度のけがをした場合より低い等級の労災認定しか受けられないのは法の下の平等を定めた憲法14条に違反するとして、国に障害補償給付の処分取り消しを求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。

 滝華聡之裁判長は「合理的理由なく、性別による差別的取り扱いをするものとして違法」として、処分の取り消しを命じた。

 顔付近の容貌(ようぼう)に関する後遺症について、障害補償給付の男女差を違憲とした司法判断は初めて。

 判決によると、男性は1995年11月、当時勤務していた金属精錬会社で金属の溶解作業中、溶けて高熱になった銅が飛散し、大やけどを負った。園部労働基準監督署は2004年4月、男性の障害等級を11級と認定した。

 頭、顔、首の負傷で後遺症が残った場合、女性の方が精神的苦痛が大きいとして等級認定に男女で差が設けられており、原告側は訴訟で「女性が同様のけがを負えば5級と認定され、給付額などに著しく不当な差が生じる」と主張していた。

<大阪府議会>新議長に自民・長田氏 「維新」選ばれず(毎日新聞)
<普天間問題>鳩山首相、福島消費者相を罷免(毎日新聞)
<毎日世論調査>鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%(毎日新聞)
普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
<雑記帳>トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
プロフィール

Author:やないひろゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。