スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判「速やかな審理を」=地裁幹部らに最高裁長官(時事通信)

 全国の高裁長官と地裁、家裁の所長が年1回集まって協議する「長官・所長会同」が9日、最高裁で開かれ、竹崎博允長官は施行後1年がたった裁判員制度について、「迅速な裁判を保障するため、速やかな審理の実現が望まれる」と話した。
 竹崎長官は、これまでの裁判員裁判を、候補者の出席率が高く、裁判員経験者の評判も良かったと評価。今後、重大事件や複雑な否認事件で多くの課題に直面するとして、法曹三者の協力の重要性を強調した。 

【関連ニュース】
〔特集〕裁判員制度 スタート1年
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
遺族への賠償命じる=全国初の裁判員事件被告に
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」

米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
小沢氏辞任で「一定のけじめ」=政倫審、他党の意向も考慮―菅首相(時事通信)
私大初年度納付金131万円 過去最高を更新(産経新聞)
「病気で仕事できぬ」生活保護費470万円詐取容疑 元暴力団組長ら逮捕(産経新聞)
スポンサーサイト

「顔」後遺症の補償に男女差は違憲…京都地裁(読売新聞)

 勤務先で顔などに大やけどを負った京都府内の男性(35)が、障害等級の規定で女性が顔付近に同程度のけがをした場合より低い等級の労災認定しか受けられないのは法の下の平等を定めた憲法14条に違反するとして、国に障害補償給付の処分取り消しを求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。

 滝華聡之裁判長は「合理的理由なく、性別による差別的取り扱いをするものとして違法」として、処分の取り消しを命じた。

 顔付近の容貌(ようぼう)に関する後遺症について、障害補償給付の男女差を違憲とした司法判断は初めて。

 判決によると、男性は1995年11月、当時勤務していた金属精錬会社で金属の溶解作業中、溶けて高熱になった銅が飛散し、大やけどを負った。園部労働基準監督署は2004年4月、男性の障害等級を11級と認定した。

 頭、顔、首の負傷で後遺症が残った場合、女性の方が精神的苦痛が大きいとして等級認定に男女で差が設けられており、原告側は訴訟で「女性が同様のけがを負えば5級と認定され、給付額などに著しく不当な差が生じる」と主張していた。

<大阪府議会>新議長に自民・長田氏 「維新」選ばれず(毎日新聞)
<普天間問題>鳩山首相、福島消費者相を罷免(毎日新聞)
<毎日世論調査>鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%(毎日新聞)
普天間14年移設、ずれ込みも=外相(時事通信)
<雑記帳>トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)

<児童買春容疑>35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」(毎日新聞)

 神奈川県警少年捜査課と泉署は20日、東京都江戸川区立葛西中学校教諭、上田覚容疑者(35)=台東区東浅草1=を児童ポルノ法違反(児童買春)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は09年10月、横浜市西区の雑居ビル内で、中学2年だった女子生徒(当時14歳)に1万円を渡してわいせつな行為をしたとしている。さらに09年12月と今年1月にも新宿区のホテルで、高校2年だった女子生徒(同16歳)に計5万円を渡してわいせつな行為をしたとしている。

 県警によると、上田容疑者は「若い子が好きだった」と供述し、女子生徒とは携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合ったという。職場では2年生の担任で社会科を担当している。【松倉佑輔】

【関連ニュース】
<関連記事>忍野村係長の児童買春:容疑で逮捕 村長が謝罪 /山梨
<関連記事>児童買春:周旋容疑で男を逮捕 「神待ちサイト」で募集
<関連記事>児童買春周旋:容疑で18歳少女を逮捕
<関連記事>援助交際デリバリー:高2男子が運営 売春周旋容疑で逮捕
<関連記事>安心・安全ナビ:「出会い系」以外のサイトで急増する性的被害から子どもを守るには

医師、流産後も数カ月交際=発覚避けるためか―不同意堕胎容疑で送検・警視庁(時事通信)
大津京「建都ほぼ1400年」のポスター作成(産経新聞)
水島信金職員、1億円超着服=発覚後連絡取れず―岡山(時事通信)
北教組幹部、資金提供認める=禁固4月を求刑―小林議員陣営の違法献金事件(時事通信)
ワクチン争奪戦の後遺症、今も(産経新聞)

子ども手当て見直し求め11首長が「首長の会」(読売新聞)

 国に子ども手当の見直しなどを求めて、さいたま市の清水勇人市長ら8県の11市・村長が、「現場から国を変える首長の会」を16日に設立することを決めた。

 発起人は清水市長のほかに栃木県足利市の大豆生田(おおまみうだ)実市長、神奈川県大和市の大木哲市長、三重県松阪市の山中光茂市長ら。

 子ども手当を自治体の裁量で使えるよう制度変更を求める方針で、清水市長は、「大金を使うのに効果には疑問がある。手当の一部をサービス給付として使わせてもらいたい」としている。

 財源の一部を地方が負担するとした政府方針に対しては、「自治体負担はゼロにすべき」と主張。兵庫県尼崎市に住む韓国人男性がタイで養子縁組したとする554人分の手当支給を申請しようとした問題も重視し、対象者を再点検するよう訴える。

首相にふさわしい1位でも…舛添人気19%に後退(読売新聞)
【新・関西笑談】「カリスマ」のつくり方(2)モデル SHIHOさん(産経新聞)
20~30歳代の自殺率、過去最悪を更新(読売新聞)
<政倫審>小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論(毎日新聞)
南アW杯 選手決定で都内各地で号外1万部配布…毎日新聞(毎日新聞)

マグロ競り見学、1日140人まで=業務への支障を防止-築地市場(時事通信)

 東京都は30日、来月10日から築地市場(中央区)マグロ卸売場の見学者を1日最大140人に制限すると発表した。市場業者の業務に支障が生じるのを防ぐため。
 築地市場は、マグロの競りの様子を間近で見られるため、訪れる外国人観光客が近年急増している。4月5日には見学者が500人を超え、市場業者から苦情が出たため、同市場は同8日から約1カ月間、マグロ卸売場の見学を中止する措置を取った。
 見学を再開する5月10日以降は、先着順で70人ずつ2回に分けて見学してもらう方式に変える。外国人観光客には、同市場近くのホテルや主な旅行会社、各国大使館を通じて見学方法の変更を伝える。 

【関連ニュース】
マグロ競り見学、8日から中止=5月8日まで

普天間移設 首相、辺野古・徳之島案を明言 名護市長拒否(毎日新聞)
<ゼブラーマン>全国一斉公開…ゼブラシティの逆襲(毎日新聞)
山口市・月輪寺 重源上人の焼き物完成 5日に供養祭(毎日新聞)
無職男性が自宅で変死 鼻から出血、家族が見つける 千葉(産経新聞)
女性バリスタ初の頂点へ(産経新聞)
プロフィール

やないひろゆき

Author:やないひろゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。